オマ○コって単語を女の子の口から聞けたのは貴重な経験だった


52:ちょっとエッチな名無しさん 2017/08/21(月) 20:00:00
S4の時、仲良しの女友達と一緒に階段掃除してたら「ちょんちょんのこと本当は何て言うか知ってる?」ときかれた。
俺はエロ方面の興味はまだなかったので「知らん」と正直に答えたら俺の耳元で「オマ○コって言うんだよ。オマ○コ。オ・マ・○・コ。常識だから覚えときな」だって。
どういう心境でそんなこと教えてくれたのか分からん。
何にせよオマ○コって単語を女の子の口から聞けたのは貴重な経験だった
        


裸の妹とお喋りしながら平気で勃起チ○ポ擦ってた


51:ちょっとエッチな名無しさん 2017/08/20(日) 20:00:00
S五の時、風呂でチ○ポに石鹸つけて洗ってたら気持ちよくなって初めてイった。
まだ精液は一滴も出なかったが、一発で病みつきになって毎日欠かさず風呂でオナってた。
それだけならあまり珍しくない話だと思うが、問題なのはS六になるまで一個下の妹といつも風呂に入ってたってこと。
当時はチ○ポ洗って気持ちよくなるのがエロと結びついてなかったから、裸の妹とお喋りしながら平気で勃起チ○ポ擦ってた
こういうのって見てた方は覚えてるもんなのかね?
きれいさっぱり忘れててほしいんだが。
        


腋毛が生えてるのをはっきり見てしまった


50:ちょっとエッチな名無しさん 2017/08/19(土) 20:00:00
S4の夏休みに学校近くの公民館に行ったら、同じS学校の5、6年らしきグループがポスターを作っていた。
その中に他の女子より明らかにオッパイがでかい女子がいて、ついジロジロ見てしまった。
巨乳女子は作業に集中しててゆるめのシャツから腋がちらちら見えてたが、そこに自分にはない腋毛が生えてるのをはっきり見てしまった
オッパイのでかさと相まって、K校生みたいだ、と何故かそんな風に思ったのを覚えてる。
        


割れ目やお尻を何度も見せてきた


49:ちょっとエッチな名無しさん 2017/08/18(金) 20:00:00
俺が通ってたS学校では4年までプールの着替えは男女一緒だった。
S4の頃の俺はあまり男女の違いを意識してなかったんだけど、隣の席の女子は席替えの時から俺のことを異性として意識してるようだった。
それで着替えを恥ずかしがるんだったら別に普通だけど、その子は大胆にも着替え中にわざとタオルの隙間を空けたりして割れ目やお尻を何度も見せてきた

さすがにドキッとしたよ。
まさか女子がそんなことしてくるなんて思ってなかったから。

いつもは単なるクラスメイトなのにプールの授業の度に同じことをされて、俺もたまにチ○コを見せてやることもあって、なんかエッチで不思議な関係だった。
        


まじめな子がま○こ濡らして授業受けてたんだと思うとムラムラする


48:ちょっとエッチな名無しさん 2017/08/17(木) 20:00:00
S4のとき隣の席の女子が机の角で股間を擦ってて、休み時間中ずーっとやってたから気になって「痒いの?」って訊いたら「うん…蚊に刺されちゃって」ってちょっと恥ずかしそうに言ってた
それがウソでも本当でも、あんな風に擦ってたら確実に気持ちよくなっちゃっただろうな
まじめな子がま○こ濡らして授業受けてたんだと思うとムラムラする
        


まるで発情したオス犬です


47:ちょっとエッチな名無しさん 2017/08/16(水) 20:00:00
S5の夏休み、昨今ほど暑くなかった200×年8月某日。
市民プールで泳いでいた僕と友達に、プールサイドから30代半ばと思しきおばさんが声をかけてきました。
おばさんの顔はよく覚えていませんが(だから美人でもブスでもなかったと思います)、黒いビキニを着ていたこと、乳房の谷間が深く目が釘付けになったことを覚えています。
「君たちいくつ?」、「近所の子?」、「お父さんとお母さんは?」など幾つか質問され、僕と友達が○○Sの5年生で2人だけで遊びに来たことを話すと、「おばさんも仲間に入れてぇ」と猫なで声でお願いされました。
能天気な僕らは「いいよ」と快諾、おばさんの提案で流れるプールに向かいました。

家族連れで賑わう流れるプールで、僕らはおばさんと鬼ごっこしました。
序盤こそ本気で逃げていましたが、おばさんに捕まった友達が乳房を押し当てられているのを見て羨ましくなり、わざと浮き輪集団の後方へと移動、逃げ場を失ったふりをして捕まりました。
密着したおばさんの乳房は見た目通り脂肪たっぷり、マシュマロのように柔らかな感触で、瞬く間に僕の海パンはパンパンに膨らみました。
友達と顔を見合わせると、彼はパッチリした目をぎらつかせ、エロ親父のような笑みを浮かべていました。
きっとこの時、僕も彼と同じ表情をしていたと思います。

おばさんが逃げる役になると鬼役の僕は偶然を装い、乳房やお尻に触りました。
理性を捨て切れなかった僕にはそれが精一杯でしたが、鬼役になった友達は恥も外聞もなくおばさんに抱き付き、彼女の肉厚なお尻や太腿に股間を擦りつけていました。
まるで発情したオス犬です
一応フォローしておくと、友達は僕に比べてがっしりしており陰毛も生えていたので、既に精巣で精子が盛んに作られていて、そのせいで性欲を抑え切れなかったんではないかと。
多分あの時、彼は海パンの内側に射精していたと思います。

友達が抱き付いてもおばさんは怒らず、それどころか嬉しそうにしていました。
女の人がエロいことをされて喜ぶなんて凄く変だと思い、僕は段々怖くなりました。
「そろそろ帰んないとやばくない?」
恐るおそるそう言うと、友達もある種の違和感を抱いていたのか、すんなり同意してくれました。
しかし突然帰るなどと言い出して、おばさんが気を悪くしないか心配でしたが、これまた意外にすんなり僕らを解放してくれました。
更衣室や帰り道では口数が減って、2人で遊んでいた時の楽しい気分はどこかに消え失せてしまいました。

後日、僕らはプールで遊んだおばさんのことを、どちらから言うともなくエロババアと呼んでいました。
そうやって彼女を笑い者にすることで、生々しい性体験の記憶を封じ込めようとしたんです。
なのに結局、オナニーをするようになってから、僕はおばさんの乳房の感触を何度も思い出してしまいました。
おばさんに股間を擦りつけてしまった友達と一緒で、性欲には勝てませんでした。
所詮は僕もオス犬だったということですね。
長文失礼しました。
        


カメラやビデオで撮られてるのに笑顔でケツ振ってた


46:ちょっとエッチな名無しさん 2017/08/15(火) 20:00:00
たぶん今もやってると思うけど、この時期になると地元で毎年サンバまつりをやっていた。
S5の時、ぼちぼちエロに興味が出てきた俺は一人でサンバを見に行った。
お目当てはエロ衣装のお姉さんだったが、最前列にしゃがんで興奮しながら見てたら、同じクラスのちょっと好きな女子が参加していて「!!!???」ってなった。
S5女子なのに過激なデザインのTバック履いてて、カメラやビデオで撮られてるのに笑顔でケツ振ってた
俺はそれを見て何だか幻滅してしまった。