時々透けブラしてることもあって目のやり場に困った


346:ちょっとエッチな名無しさん 2018/06/11(月) 20:00:00
S学5・6年生の時に通ってた個人塾の先生が巨乳でエロかわいかった。
まだ大学出たての新人で、黒髪ボブ・眼鏡・白ブラウス・黒タイトという典型的な女教師スタイル。
屈むと巨乳が強調されて時々透けブラしてることもあって目のやり場に困った
オレが人生で初めておかずにした女性がこの先生だった。
        


エロ女子から「ミルク出したことある?」ってきかれた


345:ちょっとエッチな名無しさん 2018/06/10(日) 20:00:00
C1の時、エロ女子から「ミルク出したことある?」ってきかれた
女子はニヤニヤしながら右手で輪っか作って、左手の人差し指を扱くジェスチャーしてた。
当時の俺はそれを見て牛の乳搾りの話かと勘違いした。
「ない」って答えたら「ピュアだね」って鼻で笑われたけど「ある」って答えてたら何かイイことしてもらえたんですかねぇ?
        


シャンプーの甘い香りを嗅いで胸がドキドキした


344:ちょっとエッチな名無しさん 2018/06/09(土) 20:00:00
S6の頃のこと
C3の姉の友達が遊びにきてたことに気づかず姉部屋のドア開けた
そしたら初対面のお姉さん2人に部屋に引っ張り込まれた
2人に文字通り挟まれてゲームしてる間に散々弄られて多感な時期だったからかなり恥ずかしかった
シャンプーの甘い香りを嗅いで胸がドキドキした
その日の夜なかなか寝付けず眠りも浅くて変な時間に起きてしまいトイレに行ったら違和感が…
パンツがぐっしょりしてて触るとヌルっとしてた
これが初めての夢精=初めての射精だった
ちなみに何か夢を見て気持ちよくなったという記憶はない
        


女子は自分でスカートを捲って一瞬水玉パンツが見えた


343:ちょっとエッチな名無しさん 2018/06/08(金) 20:00:00
S学5年生の時、女子の間でわざと男子が見てる前でスカート捲りをするという変則的な露出行為が流行ってた。
好きな(=見られてもいい)男子限定だったらしいが真偽は定かではない。
ある日、隣の席の女子が目の前でスカートを捲られて水玉パンツが見えた。
パンチラを見せられた時に反応すると「えっちー♪」と女子達に笑われるので、見せられても無関心を装ったが内心ドキドキしていた。
すると掃除の時間に「さっき見たでしょ?」とその女子に訊かれて、適当に誤魔化したら女子は自分でスカートを捲って一瞬水玉パンツが見えた。
「見えた?」と訊かれ、コクリとうなずくしかなかった。
翌日から、彼女と授業中に何となく手を繋いだり足をくっ付けたりする関係になった。
        


チ○コがビクンビクン脈打ってたけど精子は出てなかった


342:ちょっとエッチな名無しさん 2018/06/07(木) 20:00:00
C1の時の黒歴史→俺に懐いてたS4男子とエロビデオ鑑賞会をやったこと

俺が隠してたエロビデオを当時S4のユウタ(仮名)が見つけちゃって「見たい!見せて!」ってしつこく騒ぐから口止め料代わりに見せてやった
最初は「何これ全然エロくねぇw」とか軽口叩いてたな
早送りして抜く時にいつも使ってた乳ゆれ騎乗位見せたら無言でハァハァするだけの生き物になってたがw

試しに「今気持ちいい?」って訊いてみたらユウタはコクコクうなずいたから「もっと気持ちよくなりたかったらチ○コ出してみなw」って冗談で言ったら即フルチンになったw
チ○コが完全に反り返ってお腹にくっ付きそうになってた
俺も興奮してたからオナニー教えてやろうとしたんだけどユウタはその前に「んっ!!」と甲高い声を出して痙攣
気持ちよさそうにチ○コがビクンビクン脈打ってたけど精子は出てなかった
ユウタの空撃ちを見てたら俺もつられて逝きそうになっちゃって慌ててティッシュを掴んで処理した
それで多少冷静になって観賞会はお開きということに

ユウタが帰ってから俺ってホモなのかもって自己嫌悪に陥ったわ
        


「今、ペ○ス勃起してる…?」とか質問する余裕はあったみたいだけど


341:ちょっとエッチな名無しさん 2018/06/06(水) 20:00:00
S6の保健体育で精子と卵子がくっつくと赤ちゃんが出来ると習ったけど、肝心要の精子と卵子をどうやってくっつけるのかに関してはノータッチだった。
純真だった俺と隣の席の女子は「どうするんだろねー?」と頭を悩ませた。
当時はスマホどころかパソコンも普及してない時代。
そこで頼りになったのがエロ本(笑)
同じ日に悪友の家で女子と一緒に見せてもらいました。
性行為の存在を初めて知った俺はショックを受けたけど、女子はそれ以上だったようで「やだー…」ってドン引きしてた。
そのわりに「今、ペ○ス勃起してる…?」とか質問する余裕はあったみたいだけど
        


硬く大きくなったペ○スを隠さず堂々とオバさんに見せていた


340:ちょっとエッチな名無しさん 2018/06/05(火) 20:00:00
両親が急用で遠出することになり、当時S学校四年生だった私はご近所の母の友達の家に一日預けられた。
その日の夕方、私は母の友達のオバさん(30代)とその息子(S一)と一緒に風呂に入ることになった。
私は子供扱いされるのが不満で、風呂ぐらい一人で入れると訴えたが、オバさんは「三人いっぺんに入っちゃった方が楽だから」と言って譲らなかった。
オバさんの立場になって考えると、預かった他所様の子を一人にして万が一のことがあってはいけないと判断したんだろう。

仕方なく私はオバさんと一緒に服を脱いで裸になったわけだが、風呂場に入る前から俄かに鼓動が激しくなり、ペ○スがほぼ180度近くまで勃起してしまった。
初めて母以外の大人の女性の裸を見たんだから当然だと今ならわかるが、これは当時の自分としては想定外だった。
何しろ四年の時点では性器の機能について詳しく習っていなかったし、クラスの女子をそういった目線で見たことがなかったので、(朝立ちはあったかもしれないが)勃起した記憶すらほとんどない。
だから私は体の変調に内心動揺しつつも、勃起が恥ずかしいことだとは思わず、硬く大きくなったペ○スを隠さず堂々とオバさんに見せていた

残念なことに風呂場で見たオバさんの裸の記憶は曖昧だが、かなり正確に覚えているエピソードが一つある。
オバさんの息子が、私のペ○スと自分のペ○スの形を見比べて「お兄ちゃんのオチ○チ○変てこだね。病気なの?」と母親に尋ねた。
オバさんは「病気じゃないよ。男の子は大きくなると、たまにオチ○チ○が膨らむの」などと言い、私のペ○スを教材にして息子に優しく性教育していた。