硬く大きくなったペ○スを隠さず堂々とオバさんに見せていた


340:ちょっとエッチな名無しさん 2018/06/05(火) 20:00:00
両親が急用で遠出することになり、当時S学校四年生だった私はご近所の母の友達の家に一日預けられた。
その日の夕方、私は母の友達のオバさん(30代)とその息子(S一)と一緒に風呂に入ることになった。
私は子供扱いされるのが不満で、風呂ぐらい一人で入れると訴えたが、オバさんは「三人いっぺんに入っちゃった方が楽だから」と言って譲らなかった。
オバさんの立場になって考えると、預かった他所様の子を一人にして万が一のことがあってはいけないと判断したんだろう。

仕方なく私はオバさんと一緒に服を脱いで裸になったわけだが、風呂場に入る前から俄かに鼓動が激しくなり、ペ○スがほぼ180度近くまで勃起してしまった。
初めて母以外の大人の女性の裸を見たんだから当然だと今ならわかるが、これは当時の自分としては想定外だった。
何しろ四年の時点では性器の機能について詳しく習っていなかったし、クラスの女子をそういった目線で見たことがなかったので、(朝立ちはあったかもしれないが)勃起した記憶すらほとんどない。
だから私は体の変調に内心動揺しつつも、勃起が恥ずかしいことだとは思わず、硬く大きくなったペ○スを隠さず堂々とオバさんに見せていた

残念なことに風呂場で見たオバさんの裸の記憶は曖昧だが、かなり正確に覚えているエピソードが一つある。
オバさんの息子が、私のペ○スと自分のペ○スの形を見比べて「お兄ちゃんのオチ○チ○変てこだね。病気なの?」と母親に尋ねた。
オバさんは「病気じゃないよ。男の子は大きくなると、たまにオチ○チ○が膨らむの」などと言い、私のペ○スを教材にして息子に優しく性教育していた。
        


誘われるがまま一緒に風呂に入ってエッチなことをした


327:ちょっとエッチな名無しさん 2018/05/23(水) 20:00:00
S学生のとき同じアパートに住んでた一人暮らしのおばちゃん(30代前半くらい)と親しくて、親の帰りが遅い日はおばちゃんの部屋に行ってゲームしたりしてた
S4のある日、おばちゃんに誘われるがまま一緒に風呂に入ってエッチなことをした
「エッチ」と言ってもSEXじゃなくてさわりっこの延長みたいな感じね
勃起してる竿をおばちゃんのデカケツに挟んだり、立ちシ×ンしておばちゃんのデカパイにぶっかけたりもした
S5になっておばちゃんが引っ越すまで親に絶対秘密でそういういかがわしいことをやってた

俺にとってはS学生時代の楽しい思い出の一つなんだが冷静に考えると色々ヤバイっすね~
        


ボヨンボヨンのデカ尻を押し当てられれば我慢出来っこない


316:ちょっとエッチな名無しさん 2018/05/12(土) 20:00:00
S学校の頃は体育が苦手で、C学校入学をきっかけに自分を変えようと思って運動系の部活に入ったんだが、そこの顧問の34歳女教師がポッチャリとデブの中間くらいの絶妙な太さだった。
ちなみに既婚でギリギリ美人と言えなくもなかった。

先生は明るい人柄で部員から人気があり、俺も先生のことが好きだったが、俺のような貧弱の見本みたいな部員には追加トレーニングを課す厳しい一面もあった。
メニューは腹筋、腕立て伏せ、背筋、スクワットなどの基本的な内容。
この中で俺を悩ませたのが腹筋と背筋だ。

当時の俺はとにかく貧弱BOYだったので、誰かに足を押さえてもらわないと背筋だけでなく腹筋すら出来なかった。
追加トレーニングの時は、俺の足を先生が押さえてくれていたが、その押さえ方が足の上にデカ尻を乗っけるというやり方だった。
たぶん自分がポッチャリ体型なのをネタにしてたんだと思う。
入部したての頃は先生のジャージの後ろ姿を見ただけでチ○コが疼いていたというのに、ボヨンボヨンのデカ尻を押し当てられれば我慢出来っこない
俺のチ○コは鉄棒の如くガッチガチになり、股間のテントを憧れの先生に見られるはめになった。

もちろん恥ずかしくて顔から火が出そうだったが、先生のエロいデカ尻が足じゃなくて股間を圧迫しているのを妄想するのが当時の定番ズリネタだった。
        


普通のおばさんって感じだったけど意外と助平だったんだなぁ


315:ちょっとエッチな名無しさん 2018/05/11(金) 20:00:00
S3の時、友達の家でイボ付きコンドームを発見して水風船にして遊んだ思い出がある
指を入れたりしたけどチ○ポを入れるという発想はまだなかったわ
その場に居合わせた友達のお母さんは怒るに怒れず苦笑いしてたな
それにしてもイボ付きって・・・
ガキ目線だと普通のおばさんって感じだったけど意外と助平だったんだなぁ
        


美人先生の紫色のレースのパンティを目撃


313:ちょっとエッチな名無しさん 2018/05/09(水) 20:00:00
C学生になったばかりの頃、2年か3年担当の美人女教師(年齢的にはおばさんだったけど)が廊下に散らばったプリントを拾い集めてた。
ちょうど通りがかった俺はプリント集めを手伝ったが、その時にしゃがんでいる美人先生の紫色のレースのパンティを目撃
同年代の女の子のパンチラなら何度か見たことあったけど、大人のパンティを見たのは初めてだったから衝撃を受けた。
それまで俺はエッチなことに興味なかったのに、毎日寝る前に先生のパンティ思い出してたら本能で床オナ覚えていつの間にかオナ猿になってた。
こんな気持ちよくなるのは絶対おかしいからもう止めようと思っても、翌日にはもう我慢できなくなって毎日オナってたなあ…。
        


子供を2人産んでるわりに結構いい体をしていた


304:ちょっとエッチな名無しさん 2018/04/30(月) 20:00:00
S5の時、町内会のゴールデンウィークのイベントで山登りに参加した。
標高1000mもない山だったので俺より年下の子でも難なく登っていたが、体が小さく貧弱だった俺は途中で疲れて歩けなくなってしまった。
そんな俺をおぶって山頂まで連れて行ってくれたのが、大学時代ワンゲル部だったという顔見知りのおばさん。
おばさんと言ってもまだ30代で、子供を2人産んでるわりに結構いい体をしていた

俺は肉付きがよく柔らかいおばさんの体にしがみつき、おばさんの腰辺りに下半身を密着させた。
この頃の俺はまだエロに目覚めておらず、疲労のためそんなことを考えている余裕もなかった。
だが、おんぶされながら下半身に振動が伝わると徐々にチ○ポが硬化してきて、どんどん心臓の鼓動が速くなってきた。
貧血の前兆かと思って不安になった俺は、しがみつく力を強め、下半身をより一層密着状態に。
次の瞬間、チ○ポに信じられない快感が走って意識が飛びそうになった。
これが初めての性的絶頂だった。

疲労困憊の俺が別の意味で昇天していただなんて、親切なおばさんは思いもしなかっただろう。
        


風呂場から父と家政婦の声が聞こえてきたこともあった


299:ちょっとエッチな名無しさん 2018/04/25(水) 20:00:00
S学校低学年の頃、母が長期入院していた時期があって、退院するまで父が住み込みの家政婦を雇っていた。
年齢は40歳位で容姿は平凡。
品のある雰囲気で料理が上手いおばさんだった。
僕と妹は母が家にいない寂しさを家政婦のおばさんとおしゃべりすることで紛らわしていたが、父も寂しかったんだと思う。
ある時期を境に、家政婦は妹を寝かしつけた後、こっそり部屋を抜け出すようになった。
風呂場から父と家政婦の声が聞こえてきたこともあった
ゴミ箱にコンドーム(その頃はゴム風船だと思った)が頻繁に捨ててあった。

まあ、それだけの話です。
オチはない。