姉ちゃんに股間も洗ってもらってた


382:ちょっとエッチな名無しさん 2018/07/17(火) 20:00:00
うちの姉ちゃんと俺は年の差が9歳ある
姉ちゃんは俺にとって姉というよりもう一人の母親という感じで、S学5年の夏休み前まで一緒に風呂に入ってた

当時はそれが普通なんだと思ってたけど、クラスで「ねえ、ちゃんとお風呂入ってる?」とかいうお決まりのネタが流行ると、姉ちゃんと風呂に入るのが急に恥ずかしくなって1人で入るようになった
ちなみに一緒に入ってた頃は3年生ぐらいまで姉ちゃんに股間も洗ってもらってた
くすぐったくて笑ってた記憶しかないが
        


従姉のマ○コに水鉄砲を撃ちまくった


374:ちょっとエッチな名無しさん 2018/07/09(月) 20:00:00
俺がS三で従姉がS五の頃だったかな
なんか用事があって従姉がうちに泊まったとき、一緒にお風呂に入った。
従姉と俺は仲が良かったから二人ともあんまり羞恥心を感じなくて、チ○コもマ○コも隠さず丸出しだった。

当時うちの風呂場には水鉄砲が置いてあって、お湯を入れてよく遊んでいたが、その日はちょっとエロいゲームをやった。
片方が股を開いて、もう片方が股間を狙い撃つというゲームだった。(ちなみに従姉の提案w)
俺は面白がって従姉のマ○コに水鉄砲を撃ちまくった
「この辺狙って」ってクリの辺りを指差してた従姉の姿を、十年以上経った今でも覚えてる。
        


彼女は俺が思っていたよりも性にオープンな子だった


365:ちょっとエッチな名無しさん 2018/06/30(土) 20:00:00
S学校5~6年生の頃、クラスに外人の可愛い女の子がいた。
濃い目の金髪で肌の色は浅黒い感じで、背は普通だったけどオッパイとお尻はでかい。
こっちで育った子だから日本語ペラペラだったけどちょっと内気で、S学生って結構平気で差別するからクラスで微妙に疎外されてた。
俺はそういう陰湿な空気が嫌だったから積極的にその子と仲良くして、冷やかしてくる奴を時にはぶん殴って黙らせてた。
そんなことを続けていたら、いつの間にか彼女と俺はクラス公認カップルになってた。

で、5年の頃はエロに興味なかったし純粋に守ってあげたい気持ちだったんだけど、6年の薄着の時期になると彼女のオッパイがすごく気になるようになった。
そんな俺の視線を彼女は敏感に感じてたようで、俺の腕や背中に弾力はあるけどあまり柔らかくないオッパイを押し当ててきた。
そうされると股間のブツが反応してしまい、ギャグっぽく股間を押さえる俺の反応を見て彼女は笑っていた。
彼女は俺が思っていたよりも性にオープンな子だった

ある日の放課後、自宅で彼女と一緒に風呂場で洗いっこした。
彼女と家で遊んだことは何度かあってキスは経験済みだったけど、その日は両親が夜まで帰ってこない日だったから歯止めが利かなかった。
先にシャワーを浴びようと言ったのがどっちだったか憶えてない。
どっちだったにせよ手をつないで脱衣所に向かったのは憶えている。
薄暗い脱衣所で裸で抱き合ってキスした。
興奮してきれいな色の乳首にもキスした。

一緒にシャワー浴びてる最中もキスして、ついでに彼女にガチガチになってるチ○コを手で洗ってもらった。
チ○コがくすぐったくてすごい変な感じだったけど射精までは至らなかった。
お返しにマ○コを洗ってあげたらヌルヌルしてた。
当時はSEXどころか射精の仕方も知らなかったからこれで精一杯だったけど、初体験の時と同じかそれ以上に思い出深い1日だった。
        


お姉さん(全裸)は俺が射精したことに気づいてなかったと思う


355:ちょっとエッチな名無しさん 2018/06/20(水) 20:00:00
俺の地元は温泉地なんだけど、家の近所に共同湯っていう無料で入れる(ただしオンボロ、無人)昔ながらの温泉小屋があって、ガキの頃から風呂好きだった俺はそこによく通っていた。
親はわりと俺のこと放任してて、S学校の友達に俺みたいな風呂好きはいなかったから大体一人で行っていた。

S五の時、いつものように共同湯の狭い脱衣場で服を脱いでたら、後から推定二十歳ぐらいのショートヘアのお姉さんがやって来た。
近所で見ない顔だったから恐らく観光客。
そこは一応混浴だったがボロっちいおかげで若い女性に人気がなく、五十歳近いおばさんとかお婆さんがたまにいるぐらいだったのでお姉さんは激レア。
俺は猛烈にテンパッて急いで温泉に逃げ込んだ。
運が良いのか悪いのか温泉には誰も入っておらず、図らずも知らないお姉さんと二人きりで混浴になった。

お姉さん(全裸)はフレンドリーに俺に話しかけてきて、湯船の縁に向かい合わせに座ってお喋りしたけど何喋ったか全然覚えてない。
俺はお姉さん(全裸)の美味しそうなおっぱいをちら見しながら、股間にかぶせたタオルの上からチ○コを無意識に緊張を和らげるために揉んでた。
そしたら数分で快感が制御不能になって、何が何だかわからない内に精子を出してしまった。
射精したの初めてだったのにゼリーみたいに濃いのがかなり出てた。
お姉さん(全裸)は俺が射精したことに気づいてなかったと思う

これ以後も共同湯にはちょくちょく通ってたけど、お姉さんと再会することはなかった。
        


硬く大きくなったペ○スを隠さず堂々とオバさんに見せていた


340:ちょっとエッチな名無しさん 2018/06/05(火) 20:00:00
両親が急用で遠出することになり、当時S学校四年生だった私はご近所の母の友達の家に一日預けられた。
その日の夕方、私は母の友達のオバさん(30代)とその息子(S一)と一緒に風呂に入ることになった。
私は子供扱いされるのが不満で、風呂ぐらい一人で入れると訴えたが、オバさんは「三人いっぺんに入っちゃった方が楽だから」と言って譲らなかった。
オバさんの立場になって考えると、預かった他所様の子を一人にして万が一のことがあってはいけないと判断したんだろう。

仕方なく私はオバさんと一緒に服を脱いで裸になったわけだが、風呂場に入る前から俄かに鼓動が激しくなり、ペ○スがほぼ180度近くまで勃起してしまった。
初めて母以外の大人の女性の裸を見たんだから当然だと今ならわかるが、これは当時の自分としては想定外だった。
何しろ四年の時点では性器の機能について詳しく習っていなかったし、クラスの女子をそういった目線で見たことがなかったので、(朝立ちはあったかもしれないが)勃起した記憶すらほとんどない。
だから私は体の変調に内心動揺しつつも、勃起が恥ずかしいことだとは思わず、硬く大きくなったペ○スを隠さず堂々とオバさんに見せていた

残念なことに風呂場で見たオバさんの裸の記憶は曖昧だが、かなり正確に覚えているエピソードが一つある。
オバさんの息子が、私のペ○スと自分のペ○スの形を見比べて「お兄ちゃんのオチ○チ○変てこだね。病気なの?」と母親に尋ねた。
オバさんは「病気じゃないよ。男の子は大きくなると、たまにオチ○チ○が膨らむの」などと言い、私のペ○スを教材にして息子に優しく性教育していた。
        


姉ちゃんが頭洗う時にお尻をめっちゃ突き出してた


337:ちょっとエッチな名無しさん 2018/06/02(土) 20:00:00
昔はご近所付き合いが盛んだったから、泊まりにきた友達と一緒に風呂に入ることが結構多かった。
S三の時に俺と友達と友達の双子の姉ちゃんの三人で風呂入ったことがあったけど、椅子がなくて姉ちゃんが頭洗う時にお尻をめっちゃ突き出してた
スジも肛門もモロだった。
それを見てた俺はたぶん勃起したと思うけど、別に何も言われなかったような気がする。
たぶん三人とも勃起の意味が良くわかってなかったんだろうな。
        


誘われるがまま一緒に風呂に入ってエッチなことをした


327:ちょっとエッチな名無しさん 2018/05/23(水) 20:00:00
S学生のとき同じアパートに住んでた一人暮らしのおばちゃん(30代前半くらい)と親しくて、親の帰りが遅い日はおばちゃんの部屋に行ってゲームしたりしてた
S4のある日、おばちゃんに誘われるがまま一緒に風呂に入ってエッチなことをした
「エッチ」と言ってもSEXじゃなくてさわりっこの延長みたいな感じね
勃起してる竿をおばちゃんのデカケツに挟んだり、立ちシ×ンしておばちゃんのデカパイにぶっかけたりもした
S5になっておばちゃんが引っ越すまで親に絶対秘密でそういういかがわしいことをやってた

俺にとってはS学生時代の楽しい思い出の一つなんだが冷静に考えると色々ヤバイっすね~